Menu

スタッフ専用
ログイン

いびき防止・治療 スリープスプリント
いびき防止・治療のご案内
昨今とわず、いびきの悩みをお持ちの方は結構多いものです。

・自宅や旅行先、入院時にいびきがひどくて、
 みんなに迷惑をかけてしまった。
・自分のいびきで夜に熟睡できず、昼間に居眠りをしてしまう。
・飲酒したときだけ、いびきをかく。 などなど…

 こういった悩みをお持ちの方に、『スリープスプリント』を使用した治療があります。
いびき治療には、原因や症状に応じて、内科的な治療から外科的手術まで、いくつかの方法があります。当院では、自宅で改善・治療できる歯科的治療の『スリープスプリント』をおすすめしています。

スリープスプリントとは
『スリープスプリント』は、就寝時に口の中に装着し、気道を確保する装置です。( ボクシングの選手が口に含むマウスピースに似ています。)こちらを装着することで、いびきが改善されます。
口に装着するだけでいいという簡単な装置ですが、治療器具ですので、医師の診断と指導を受ける必要があります。当院では、一人ひとりの口や顎の形、 歯並びに合わせてスリープスプリントをお作りしています。

スリープスプリントは2〜3回ほど来院していただくだけで出来上がります。丈夫なアクリル樹脂でできていますので、口腔内の状態が変わらなければいつまでも使用できます。
スリープスプリントの費用は1万円以内です。

これまでの治療例で、『スリープスプリント』装着時は100%の確率でいびきは止まっています。しかし、就寝中『スリープスプリント』を無意識に外してしまう方がいらっしゃいます。その場合、いびきが再開してしまう可能性があります。そんな方へは、口にテープを貼るなどの工夫をして、『スリープスプリント』を無意識に外さないようにしていただきます。

スリープスプリント
は、下記の症状に適応します。

いびき歯ぎしり睡眠時無呼吸症候群 歯周病 など 
 
いびき防止
*いびきの原因…

 いびきは、鼻から喉までの空気の通り道のどこかが、狭くなる事からおきます。そして粘膜や分泌物が振動し、振動音がします。これがいびきの正体です。
このように気道狭くなると、酸素不足になり、脳へも影響を与えます。 例えば記憶力や集中力の低下を招いたり、糖尿病や高血圧症、不整脈を引き起こしたり、心筋梗塞、心不全…ひどい場合には、突然死を招くこともあります。

 いびきは眠りの邪魔をするだけでなく、特に大いびき、習慣性のいびきは重大な病気の前兆ということもあります。中には、睡眠時無呼吸症候群の疑いも考えられます。詳しくは、内科、呼吸器内科、精神科、耳鼻咽喉科、睡眠センターなどで、詳しい検査を受けることもおすすめしております。



休診日
前月2018年 10月翌月
1
2
3
休診日
4
5
6
7
休診日
8
体育の日休診日
9
10
休診日
11
12
13
14
15
16
17
休診日
18
19
20
21
休診日
22
23
24
休診日
25
26
27
28
29
30
31
休診日
休診日 休診日  
今日の天気
Powered by
Xoops Cube
Created by Kei
Copyright (C) 2005 Fukuike dental clinic All right reserved